ダイエットを成功させるための秘訣は代謝を高めることです。人間が体を動かしたり、呼吸をしたりなどするためのエネルギーは、細胞内のミトコンドリアで作られています。ミトコンドリアは酸素を用いて糖や脂肪からATPという体を動かすために必要なエネルギーを作り出しています。

ミトコンドリアの働きが悪いと疲れやすく代謝が悪くなります。ストレスを感じやすい、運動習慣がない、手足が冷えやすいなどに当てはまる方は、ミトコンドリアが弱まっている可能性があります。ミトコンドリアがうまく機能していない人は、一つひとつの細胞内でのミトコンドリアが少なく、ミトコンドリアの働きが低下をしています。

このような状態だと性能の悪い車を運転するようなもので、必要以上にエネルギーを使ってしまったり、活性酸素が大量に発生をしたりします。そして、活性酸素はミトコンドリアを弱めてしまい、悪循環になります。この悪循環を断ち切るサポートをすることが期待できるものが水素水です。水素水には抗酸化作用があり、活性酸素を無害な水に変えてくれます。

水素は非常に小さな分子なため、細胞のすき間にも入り込むことができ、体の隅々を活性酸素から守ります。ミトコンドリアでエネルギーが作りだされているので、活性酸素の影響からミトコンドリアを守ることで、代謝のよい体に近づくことが期待できます。活性酸素はストレスを強く受けたり、睡眠不足が続いたりすることで大量に発生します。普段から水素水を飲んでいると、こういったものによって発生する活性酸素から体を守ることにつながります。それによってミトコンドリアを守ることにもなります。

また、活性酸素は血液をドロドロにするともいわれています。代謝がよい体に近づくためには、血液の流れがよく、酸素や栄養素が体の隅々に行き渡ることがポイントです。活性酸素を除去することで血液がサラサラになり、これによっても代謝が高まることが期待できます。